北村晴男弁護士の経歴と学歴|司法試験合格時期や事務所の場所から出演テレビ番組まで

タレント弁護士の草分け的な存在だといえる、北村晴男さん。

今回は、そんな北村晴男さんについて、チェックしていきたいと思います。

弁護士としてたくさんの問題を解決し、さらに、タレントとしても、さまざまなテレビ番組に出演してきただけに、北村晴男さんのこれまでの歩みがとても気になってきますよね。

それではさっそく、これまでの北村晴男さんの経歴を振り返っていきましょう。

もちろん、北村晴男さんの学歴がどうなっているのかも興味深いですから、調べてみました。

さらに、ここでは、北村晴男さんの司法試験合格時期、法律事務所の場所、そして、出演してきたテレビ番組もご紹介してまいります。

1.北村晴男弁護士の経歴

北村晴男さんは、1956310日、長野県の出身で、202011月現在の年齢は、64歳です。

本人も有名人ですが、長男がプロゴルファーの北村晃一さん、次女が女優の北村まりこさんと、家族もジャンルこそ違うものの、同様でした。

そんな北村晴男さんは、高校時代は球児として活躍していて、甲子園をめざしていたのです。

ところが、全国高等学校野球選手権記念長野大会において、準々決勝で長野工業高校に負けてしまい、結局、甲子園に出場をはたすことはかないませんでした。

このようにして、プロ野球への道をあきらめることになってしまった、北村晴男さん。

ところが、これを契機に、刑事事件に興味を持つようになり、弁護士をめざすようになったのです。

そして、大学の法学部に進学した北村晴男さんは、司法試験に合格。

司法修習を修了して、東京弁護士会に弁護士登録し、無事、弁護士となったのでした。

もっとも、北村晴男さんの司法試験受験については裏話があって、これは後で取り上げていくことにいたします。

なにはともあれ、弁護士になった北村晴男さんは、法曹界で活躍。

弁護士としては、民事事件を専門とし、交通事故、債権回収、債務整理、医療過誤、生命保険などといったジャンルをメインとしていきました。

なお、生命保険関係の事件においては、とくに実績を持っています。

しかし、北村晴男さんは、2000年、『行列のできる法律相談所』に出演したところ、硬派なキャラクターで注目を集めることになり、それ以降、タレント弁護士として、橋下徹さん、丸山和也さんとならび、一躍、人気者に。

橋下徹さん、丸山和也さんは後に政界進出しますが、北村晴男さんは、あくまで弁護士を本業として、今日に至っています。

2.北村晴男弁護士の学歴

すでにお伝えしましたように、北村晴男さんは、弁護士になるために、大学の法学部に進学し、卒業しました。

それでは、北村晴男さんの母校の大学は、いったい、どこだったのでしょうか。

北村晴男さんの出身校は、高校は長野高校、大学は早稲田大学でした。

ちなみに、奇遇にも、橋下徹さん、丸山和也さんも早稲田大学出身者でした。

なお、早稲田大学からは、ほかに、秋吉久美子さん、内野聖陽さん、宇津井健さん、大和田伸也さん、加藤剛さん、北大路欣也さん、堺雅人さん、佐藤B作さん、広末涼子さん、室井滋さん、森繁久弥さん、山村紅葉さん、吉永小百合さん、渡瀬恒彦さんなどの著名人が出ています。

3.北村晴男弁護士の司法試験合格時期や事務所の場所

それでは、先述のとおり、北村晴男さんの司法試験受験の裏話を見てまいりましょう。

北村晴男さんは、司法試験に合格したわけですが、その時期が話題になっていました。

ずばり、なかなか合格できず、浪人を余儀なくされていたからだったのです。

北村晴男さんは、1974年に長野高校を卒業しますが、早稲田大学には1浪のすえ、1975年に入学します。

大学は浪人せず、1979年に卒業できたものの、司法試験は、なんと、8回も受験して、卒業から7年後の1986年、やっと合格したのでした。

弁護士登録したのは1989年のこと。

ここまで苦労人だったとは、実に意外ですね。

あれだけ難易度が高い試験で7回も不合格になったとは、メンタルも大変だったでしょうが、それだけに今日の活躍は何よりでしょう。

そんな北村晴男さんは、1992年に独立し、北村法律事務所を開設して、2004年に、北村・加藤・佐野法律事務所に改名しました。

ちなみに、北村・加藤・佐野法律事務所は、場所は、東京都港区赤坂4-9-17 赤坂第一ビル12階にあります。

4.北村晴男弁護士の出演テレビ番組

『行列のできる法律相談所』への出演で有名人になった、北村晴男さん。

しかし、出演してきたテレビ番組は、当然、まだまだありました。

『直撃LIVE グッディ!』、『伝えてピカッチ』、『THE・サンデー NEXT』、『池上彰のニュースそうだったのか!!』などなど。

弁護士とタレントの両立は大変でしょうが、北村晴男さんには、これからもその雄姿を見せてほしいものです。

北村晴男さんといえば、やっぱり硬派なイメージが少なくありません。

しかし、元球児、司法浪人といったエピソードは少し親しみが持てましたね。

これからも、法律、芸能の双方での活躍を祈りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)